巨人高卒2年目の山下は開幕レギュラーも…恩師・内田順三氏「丸2世」と評価

巨人高卒2年目の山下は開幕レギュラーも…恩師・内田順三氏「丸2世」と評価

合流した一軍で練習する山下(球団提供)

巨人の原辰徳監督(61)が19歳の新星をベタ褒めした。18日に球団が配信した動画で育成出身の高卒2年目外野手・山下航汰(19)について、「弱冠2年目の20歳に満たない選手とはいえども、ジャイアンツのレギュラーに入るだけの戦うだけの力を持っている」とレギュラー抜擢の可能性に言及したのだ。

 高崎健康福祉大高崎出身。新人時代の昨季は、育成入団の1年目では史上初となるイースタン・リーグ首位打者(打率・332)を獲得した若手有望株だ。

■打撃コーチを質問攻め

 昨年まで巨人で巡回打撃コーチを務めた内田順三氏がこう語る。

「高校時代に75本も本塁打を打ったというので、楽しみにしていました。最初に見た印象は、それほど上背(174センチ)はないのに、オリックスの吉田(正尚)のようにフォロースイングでバットが背中を叩くまで振り切れ、しかも、広角に打てる。ヘッドスピードもあったので本塁打の数も納得しました。ミート力というか、正確性、再現性も高いので打率が残るだろうなと。さらには、積極的に打っていけるので三振が少ない。追い込まれても球際でファウルができて粘ることができる。打撃に関しては、高卒1年目から言うことがないほど完成されていましたね」

 今年1月のスタッフ会議後には原監督に正一塁手候補として名前を挙げられた。それでも昨年12月に台湾で行われたウインターリーグで故障した右太もも裏の肉離れが完治せず、今春のキャンプはリハビリ組となっていた。今月13日に一軍練習に合流している。

 内田氏が続ける。

「これはファームの方針でもありますが、先輩の丸のように試合中もメモを取っている。私が山下にティー打撃のトスを上げていると、トップの位置、タイミングを取る際の足の上げ方、相手がクイックの時はどう待った方がいいかなど、質問が止まらない。高卒1年目の選手はなかなかできないことです。聞いた後は黙々と反復練習をしていて、どこか若い頃の丸に似ている気がします。心配なのは、うまくなりたいと貪欲な分、人の意見を聞き過ぎて、自分の長所を見失ってしまうことくらいでしょうか」

 10代で開幕スタメンを勝ち取れば、巨人では2008年の坂本以来。育成出身ではプロ野球史上初の快挙へ、巨人に新星が現れた。

関連記事(外部サイト)