レッズのリードオフマン秋山 成否は“くせ者”センゼルの復帰が握る

レッズのリードオフマン秋山 成否は“くせ者”センゼルの復帰が握る

核弾頭として期待される秋山(C)共同通信社

秋山翔吾(32)が入団したレッズは開幕延期が幸いした。

 故障で3月の開幕に間に合わなかったニック・センゼル外野手(24=昨季打率・256、12本塁打、42打点)、エウヘニオ・スアレス内野手(28=同・271、49本塁打、103打点)の2人が7月にも実施されるオープニングゲームで復帰する見通しが立った。

 レッズの外野はメジャー40人枠中10人と数が豊富。地元紙などによれば、秋山が左翼、センゼルが中堅を守り、この2人がそれぞれ1、2番を打つという。

 リードオフマンとして得点力アップの切り札に期待される秋山にとって、センゼルの復帰はプラスに作用するのではないか。昨季、メジャーデビューした若手外野手は1年目からくせ者ぶりを発揮してきたからだ。

 昨季、主に1番を打ったセンゼルは1打席当たりの相手投手に投げさせる球数が約4球と平凡ながら、際どいコースをファウルにして失投を誘うことに長けている。経験は浅いながらも、状況に応じた打撃にも定評があり、右方向へ流して進塁打を放つなど、チャンスメークにもひと役買った。好機にも強く、昨季の得点圏打率は3割2分3厘(65打数21安打)、28打点とクラッチヒッターでもある。ベル監督は、エンゼルス・大谷翔平の同僚で、メジャーを代表する強打者のひとりであるマイク・トラウトのように勝負強い打者としてセンゼルを育てる方針だという。

 秋山は選球眼の良さや機動力を生かした好機演出を求められている。センゼルとの1、2番コンビで塁をかき回し、スアレスら強打者が控える主軸につなげば、得点パターンも増える。秋山が生還できるかは若手のくせ者にもかかっている。

関連記事(外部サイト)