巨人・原監督が“球児トライアウト案” 実現なら増すアマへの発言力

【夏の甲子園中止】巨人・原辰徳監督の“球児トライアウト案”が話題に

記事まとめ

  • プロ野球の12球団代表者会議が行われたが、開幕日は公表せず議論は継続となった
  • 巨人の原辰徳監督は、夏の甲子園中止を受けて“球児トライアウト案”をブチ上げた
  • 12球団合同トライアウトというイメージで、大学、社会人関係者も同時に視察可能とも

巨人・原監督が“球児トライアウト案” 実現なら増すアマへの発言力

巨人・原監督が“球児トライアウト案” 実現なら増すアマへの発言力

甲子園のスター選手だっただけに…(C)日刊ゲンダイ

結論は出ずじまいだった。

 22日に行われたプロ野球の12球団代表者会議。政府による緊急事態宣言が継続中ということで開幕日は公表せず、議論は継続となった。とはいえ、NPBはすでに感染症の専門家チームからの提言を受け、80ページに及ぶガイドラインを作成。12球団に配布したというから、目標とする6月19日開幕に向けて前進したのは間違いないだろう。 

 そのプロ野球界では、巨人の原辰徳監督(61)が披露した球児の救済案が話題になっている。

 21日、夏の甲子園中止を受け、「進学、あるいはプロで野球をやるという大きな目標を持っている人もいる。何か披露する場所、プロ野球にはトライアウトというルールがある。社会人、大学も含めて金の卵を発掘しようとしている。チャンスを与える手段を我々はプロ野球として考えていきたい」と、トライアウト案をブチ上げたのだ。

 イメージは「12球団合同トライアウト」だという。プロだけでなく、大学、社会人関係者も同時に視察できるというのがミソ。プロ野球選手を輩出している関東のある強豪校の監督は「野球を続けたい3年生はアピールの場を求めている。そういう機会をつくってもらえるなら、新たなモチベーションになるし、ありがたい」と話したように、3年生部員にとっては朗報だろう。

 原監督自身は東海大相模高時代、夏は3年連続、春は準優勝を経験するなど、甲子園を沸かせたスター選手だった。夢でありプロにアピールする機会を取り上げられた球児の痛みがよく分かるということらしい。

 原監督は昨オフから、セ・リーグのDH制導入、FA移籍の際の人的補償制度の撤廃など、ことあるごとに「原案」をブチ上げてきた。しかし、いずれも実現どころか、球界で議論にもならず、イライラを募らせていた。

 史上初の春夏甲子園中止という緊急事態下で「原トライアウト案」が実現すれば、球界全体で発言力が増すことは必至である。

 原監督の3年契約は来年まで。その先、もし巨人のGMにでも就任するようなら、今のうちにアマ球界に影響力を強めておくのも、悪くない話かもしれない。

関連記事(外部サイト)