大谷翔平「開幕二刀流」決定 制球難改善は“劇的な細胞分裂”がカギを握る

大谷翔平「開幕二刀流」決定 制球難改善は“劇的な細胞分裂”がカギを握る

大谷は、靭帯はなじんでいるのか(C)ロイター/USA TODAY Sports

今季、投打の二刀流への完全復活を目指すエンゼルス・大谷翔平(26)の開幕からのローテ入りが決まった。

 ジョー・マドン監督は14日(日本時間15日)、「最初からローテに入る。問題ないと思う」と、24日(同25日)からのアスレチックスとの開幕カードを二刀流で迎えると明かした。

 大谷はキャンプ再開後、2度の紅白戦に登板し、計6・1イニングで12四死球と制球に課題を残した。直球は2試合とも、150キロ台半ばをマークするなど、球威を取り戻しつつあるものの、変化球がコースを大きく外れるケースも目立ち、本人は「そこが決まってくればもっと三振も取れるし、全体的なまとまりもいいと思う」と、課題を口にしている。

 指揮官は「ああいう最高のアスリートの場合、この時期に良い、悪いを判断するのは難しい」としているが、制球が不安定なのはメスを入れた右肘に原因がある可能性は否定できない。

 大谷が右肘の靱帯を修復するトミー・ジョン(TJ)手術を受けてから、来月で1年10カ月になる。通常、TJ手術を受けた投手は復帰するまでの期間は約1年半とされ、大谷もリハビリには十分な時間を費やしてきた。すでにマウンドに上がるまでに回復しているが、問題は移植した新しい靱帯だ。手術前のように機能するには時間を要するからだ。

 肘の専門医で、これまで100人以上のTJ手術を執刀した産業医科大学の内田宗志教授は、日刊ゲンダイの取材にこう話している。

「靱帯が骨と結合しただけでは、腱がしなやかに機能することはありません。移植した腱が靱帯成分として機能するようになるには最低でも1年はかかると思われます」

 投手によっては十分に機能しないまま戦列に復帰し、真っすぐが走らなかったり、変化球が制球できないこともあるという。

 大谷はしかし、術後2年近く。初登板が見込まれる26日のアスレチックス戦まで残り2週間を切った。開幕までに靱帯の劇的な変化、細胞分裂を期待するしかない。

関連記事(外部サイト)