プロが注目“スーパー高校2年生”4人の名前 どこよりも早い2021年ドラフト先取り情報

プロが注目“スーパー高校2年生”4人の名前 どこよりも早い2021年ドラフト先取り情報

高知・森木(C)高知新聞社/共同通信イメージズ

高校野球独自大会が全国各地で行われている。8月10日から甲子園交流試合も開催される。注目の2年生4人をピックアップした。

 ◇  ◇  ◇

 投手では高知高の森木大智投手が筆頭だ。浜口監督の「この大会は3年生中心で戦う」という方針により、登録メンバーから外れたものの、高知中時代に軟式で150キロを投げて話題になった剛腕は健在だ。

 広島OBで投手コーチ、編成部長などを歴任し、現在は徳島県の中学、高校野球の技術指導員を務める川端順氏が、「隣県・高知の有名人ですから、昨年見に行きました。1年夏の時点ですが、バランスがいいという印象ですね。下半身、左膝が開かないから、投げる際に胸のマークが最後まで見えない。体の軸に頭が乗っていてボールの出どころも隠せていました。ほとんど欠点は見当たりませんでしたが、一点だけ気になったところがあります」と、こう続ける。

「編成時代のクセで右投手が見やすい三塁側に回って見た。すると、テークバックの時に手首に力が入り過ぎるため、球速は出てもスピンが利かない。いわゆる棒球なんです。ゆったりとしたフォームからリリースの瞬間に力を入れられるようになれば、球が伸びるようになる。球速は出ているのに、なぜか打たれるということが減ってきます。素材はいいですし、これは直せますから、来年の上位候補でしょう」

 高知のマスコミ関係者が証言する。

「今月12日に高知は明徳義塾と練習試合を行い、森木がリリーフで2イニングを投げましたが、149キロをマークして無失点ながら、下位打線に4安打を浴びました。明徳の馬淵監督はU18侍ジャパンの監督でもある。来年の代表候補という目線で見ていたのか、盛んに首をひねっていました」

 ノースアジア大明桜(秋田)の風間球打投手は開催中の秋田大会で自己最速を2キロ更新する150キロをマークした剛腕だ。

8月の甲子園交流試合も注目

 甲子園交流試合出場組にもいる。

 森木と中学軟式野球界を盛り上げた仙台育英(宮城)の左腕・笹倉世凪投手はスリークオーター気味の腕の位置から147キロの速球を投げ込む。昨秋の公式戦で3本塁打。打者としてもプロが注目する二刀流だ。

「当時、仙台育英秀光中の監督だった現・仙台育英の須江監督が、小学6年生だった笹倉の120キロを超える直球を投げる潜在能力に惚れ、岩手・一関からスカウトしてきたんです。中学では全国で準優勝。昨秋は打者に専念したが、この冬は投手として練習を重ね、1月のブルペンでは149キロをマークしたそうです。昨秋の県大会のライバル・東北戦で、バックスクリーン左に逆転サヨナラ3ランを放った打撃は中軸を任されています」(東北のマスコミ関係者)

 野手では智弁学園(奈良)の前川右京外野手が挙げられる。1年時に高校通算21本塁打を放っている左の長距離砲だ。

 巨人の4番で高校の先輩・岡本は高校通算73本塁打を放ったが、1年終了時には8本だった。前川は昨夏の甲子園も経験しており、昨秋の公式戦は8試合で打率・586、6本塁打、17打点と打ちまくった。金属バット14本にヒビを入れてしまうほど、岡本先輩も顔負けの爆発的なスイングで、本塁打を量産中だ。

 来年の甲子園のためにも、覚えておいて損はない。

関連記事(外部サイト)