大谷翔平が右肘付近の屈筋回内筋痛と診断 打者での出場は可能でシアトル遠征には帯同

記事まとめ

  • エンゼルスは大谷翔平がMRI検査を受診し、右肘付近の屈筋回内筋痛と診断されたと発表
  • 投球再開まで4-6週間を要するが、打者としての出場は可能でシアトル遠征には帯同する
  • トミー・ジョン手術を経験した投手が後に靱帯断裂、損傷を再発するのは珍しくないとも

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております