中日エース大野雄大に「残留」情報 巨人垂涎もコロナ禍でFA争奪戦は資金難

中日エース大野雄大に「残留」情報 巨人垂涎もコロナ禍でFA争奪戦は資金難

大野はFA市場最大の目玉(C)共同通信社

「確実にチーム力が上がっている」

 中日の関係者は手応えを口にする。10月に入って16勝6敗と大きく勝ち越し、阪神、DeNAを抜いて2位に浮上。前年5位から、8年ぶりのAクラス入りを果たすのは時間の問題だ。

 先日の球団取締役会では、3年契約2年目の与田剛監督(54)の来季続投方針が確認されたが、誰よりチームの躍進に貢献しているのは、今季10勝5敗をマークし、巨人の菅野を上回るリーグトップの10完投、6完封で防御率1・79を誇るエース左腕の大野雄大(32)である。中日OBが言う。

「選手やチーム関係者は、『大野が投げる試合は負ける気がしない』と言っている。リーグ連覇が確実な巨人に対し、10勝12敗2分けとライバル5球団で唯一、まともに渡り合った。中でも大野は巨人相手に2勝2敗ながら、防御率1・32とキラーぶりを発揮。大黒柱がしっかりとチームを支えることで、地に足のついた戦いができるようになりつつあります」

 さらに、福谷、勝野ら先発投手が固定されつつあり、救援陣も、抑えのR・マルティネスこそ故障で離脱したものの、祖父江、福、谷元らが活躍。勝ちパターンが構築された相乗効果で貧打に喘いでいた打線が活性化。8月まではチーム打率・238だったが、9月以降は打率・272と大幅に改善された(26日時点)。

「来季、巨人の3連覇を阻み、2011年以来のリーグ優勝を果たすためには、国内FA権を取得した大野の残留が必要不可欠。しかし、大野を巡っては巨人や阪神、メジャーの複数球団が関心を示している。特に巨人は、エースの菅野のメジャー挑戦が濃厚。中日の戦力をそぐ意味合いもあり、大野がFA宣言をすれば争奪戦に乗り出すとみられています」(前出のOB)

■相場は3年8億〜10億円

 大野雄は昨季、防御率2・58で最優秀防御率のタイトルを獲得。オフの契約更改では球団の複数年契約の提示を断り、単年契約の年俸1・2億円でサインした。パ球団の編成担当は、「今季の活躍で大野に対する日米球界の評価が高まる中、マネーゲームに発展すれば、資金力では巨人や阪神、メジャーの方が有利。移籍は確実だろう」と言うのだが、名古屋方面からはここにきて、中日残留の目が出てきた、との声が強まっている。球界OBが言う。

「大野争奪戦は少なくとも3年8億〜10億円規模になる。中日は昨オフ、海外FA権の行使に揺れる大島と年俸2・5億円の3年契約で残留にこぎ着けたように、大野にも誠心誠意、残留を求める。条件面では今季年俸の倍となる2・4億円以上の条件を提示する準備があるとも聞いています。今季はコロナ禍で球団の収入が大幅に減りますが、今オフ、大型契約が必要な選手は大野だけ。選手会が発表した選手の年俸総額(外国人選手を除く)は19・4億円で12球団中10位と少ない分、大野により多くの資金を用意できるはずです」

即戦力ではなく高橋宏斗を1位指名

 26日のドラフト会議では、中京大中京高の高橋宏斗(3年)を単独1位指名。地元の逸材を優先して指名する方針があるものの、与田監督は当初、早大の早川(楽天1位)ら即戦力投手の1位指名を要望していたといわれる。

「巨人としては朗報とはいえません」とは、巨人OB。

「高橋が慶大受験に失敗したことや、早川が複数球団による競合が必至になったという背景もありますが、いくら高校ナンバーワン投手といわれる高橋でも、来季からいきなり主力投手として計算はできない。仮に大野が流出することになれば、即戦力投手が欲しかったはずですが、支配下で指名した4投手のうち、大学、社会人投手は2位の森(日体大)だけ。中日は少なからず、大野残留の感触を得ているからではないか」

 今季は開幕が延期し、シーズン終了は11月までズレ込む。ただでさえオフが短い上に、移籍することになれば、名古屋から東京や海外などに拠点を移さなければいけない。まして大野雄は家族を抱えており、コロナ禍ではなかなか身動きがとりづらいという事情もある。

 巨人は昨オフ、美馬(ロッテ)、鈴木大(楽天)と2人のFA選手の獲得に乗り出すも、惨敗を喫した。前出の巨人OBが言う。

「巨人は大野をはじめ、ヤクルトの山田哲、小川、西武の増田の調査も進めているが、2年連続の補強失敗は許されない。26日のドラフトでは1位で平内(亜大)、2位で山崎(東海大)と投手を指名したものの、平内は亜大ではリリーフ登板が多く、救援向きとの声があるし、山崎は右肘手術の影響で来季はほぼ絶望的。菅野の穴は、若手を底上げするか、FA、助っ人補強で埋めるしかありません。とはいえ、巨人はコロナ禍で年間300万人の観客動員を誇る入場料収入の大幅減が確実。例年のように、FA選手に大金をつぎ込むわけにはいかないといいます。決して巨人が絶対的に有利とは言えないのが実情です」

 間もなく始まる大野雄争奪戦。果たしてどの球団に軍配が上がるのか……。


関連記事(外部サイト)