MLBはコロナ禍でも162試合の通常開催 楽観的方針でNBAの二の舞になる恐れ

MLBはコロナ禍でも162試合の通常開催 楽観的方針でNBAの二の舞になる恐れ

MLBのロブ・マンフレッドコミッショナー(C)AP=共同

米大リーグ機構(MLB)のロブ・マンフレッドコミッショナーが楽観的な方針を示した。全30球団に対し、今季は従来通り2月中旬にキャンプインし、レギュラーシーズンは162試合の通常開催に向けて準備するよう通達したのだ。

 メジャーは昨季、コロナ禍により60試合制で実施し、選手は本来の年俸から約37%の減額を強いられた。コミッショナーは162試合制に戻し、年俸の満額支給を求める選手会側に配慮したものとみられる。昨季はメジャー全体で3000億円近い損失を被ったこともあり財政悪化を食い止めたい各球団の思惑も見え隠れするが、キャンプ、オープン戦、レギュラーシーズンを強行すれば悲惨な状況に陥りかねない。

 折しも、昨年12月下旬に開幕したプロバスケットボールNBAでは感染者、濃厚接触者が続出し、すでに4試合が延期になった(現地11日終了時)。昨季、ファイナルで準優勝したマイアミ・ヒートは故障者も出たことから、規則で定められたベンチ入りメンバー8人を確保できずに10日のボストン・セルティックス戦の実施を断念した。

 昨季の日程変更でオフシーズンを通常の約4カ月から約2カ月に短縮したため、休養や調整がままならず、昨季のファイナルMVPレブロン・ジェームズ(LAレイカーズ)が足首を痛めるなど、故障を抱える選手は少なくない。選手の相次ぐ離脱で、傘下のマイナー選手を昇格させてメンバーを確保しているチームもあるため、試合の質の低下も叫ばれている。

 昨年7月末のシーズン再開から厳重な感染防止策を施し、プレーオフ期間中は1人の感染者も出さなかったNBAですら“パンデミック”に陥っている。監督、コーチ、スタッフも含めればNBAよりも多いMLBでは深刻な状況を招くのは必至だ。NBA同様、離脱した主力に代わってマイナー選手をプレーさせれば、今季のMLBも低レベルな試合が展開されそうだ。

関連記事(外部サイト)