黒原「チームの柱に」=プロ野球ドラフト

黒原「チームの柱に」=プロ野球ドラフト

広島にドラフト1位で指名されて笑顔で写真撮影に応じる関学大の黒原拓未投手=11日午後、兵庫県西宮市

 関学大の黒原は、抽選を2度外した広島に1位指名された。最速151キロを誇り、カットボールなど変化球も多彩な左腕。「入るだけがゴールではない。チームの柱と呼ばれる投手になっていけたら」と意気込んだ。

 転機は智弁和歌山高時代。入学時は120キロに満たなかった球速を140キロ台中盤まで伸ばし、プロを目指すようになった。広島には同校の後輩に当たる林と小林がおり、「2人と一緒にプレーでき、うれしく思う」と語った。対戦したい相手には、近大時代に本塁打を打たれた阪神の佐藤輝を挙げた。(了)

【時事通信社】