阪神、救援陣が奮闘=プロ野球

 阪神は西勇が二回途中で降板後、救援陣が奮闘した。1点を勝ち越され、なお2死三塁で後を受けた馬場は坂本を三ゴロに打ち取り、三回も3人で片付けた。追い付いた四回からは伊藤将が初めてリリーフして3回無失点。相手に流れを渡さなかった。

 アルカンタラ、スアレスも無失点でしのいだ。矢野監督は「(伊藤将は)初めてで難しいところもあったと思うが、しっかり投げてくれた。投手が踏ん張ったから引き分けになった」とたたえた。(了)【時事通信社】