清水、とどめの満塁弾=プロ野球・日本ハム

 日本ハムの清水がとどめの満塁弾を放った。七回に6―1とし、なおも2死満塁となって打席へ。甘く入った直球を強振して左翼席へ運び、「打った瞬間、入ったと思った」と会心の当たりを振り返った。

 捕手としてはアーリンの緩急を引き出す好リードで試合をつくった。久々の白星を手にした左腕も「サインに首を振ることがなかった」と感謝。ここまで出場数は、捕手ではチームトップ。清水は司令塔として「勝つことが一番うれしい」と笑顔で話した。(了)【時事通信社】