オリックス、打線機能せず=プロ野球

 オリックスは天王山のロッテ戦で、第2、第3戦に完敗。この日連打が一回の1度だけだったように打線が機能しなかった。重圧からか、打ち損じが目立ち、しぶとさもなかった。中嶋監督は「重圧がない選手はいない。あまりにも深く考え過ぎている」と振り返った。

 七回無死一、二塁の好機も、代打のT―岡田が速球を2球連続で見逃して三振。反撃ムードはしぼみ、後続も倒れた。ロッテにマジック9が点灯したが、まだ首位の座は譲っていない。監督は「シンプルに一つ一つやっていけば、流れはくる」と言葉を絞り出した。(了)【時事通信社】