中日、本拠地最終戦飾れず=プロ野球

 中日は本拠地最終戦を勝利で飾れなかった。投手陣は1失点に抑えたが、打線は七回の桂の三塁打で追い付くのが精いっぱい。今季の貧打ぶりを象徴するような試合となり、与田監督は「私の采配を筆頭に、今まで以上にみんなで考えて取り組まないとね」とため息をついた。

 チームは既にBクラスが確定。退任が決まっている与田監督は、ファンの前で「私の力が及ばず、このような成績となり申し訳なく思う」とわびた。(了)【時事通信社】