清水、タイトル確定=ヤクルト「八回の男」―プロ野球

清水、タイトル確定=ヤクルト「八回の男」―プロ野球

ヤクルトの清水投手

 首位ヤクルトのブルペンを支える「八回の男」が2年連続のタイトルを確定させた。清水がこの日46ホールド目を記録し、3勝を加えたホールドポイントは49に。阪神の岩崎が残り試合で上回れないため、最優秀中継ぎの勲章を手中に収めた。

 自身の役割を「チームみんなでつないで僕に回ってくるので、そういう面ではすごく野手、先発、中継ぎのみなさんに感謝の気持ちがある」と言う。ホールドは浅尾(中日)のプロ野球記録47にあと1に迫った。勝ちパターンを担う右腕を、高津監督は「一回も(1軍を)離れることなくブルペンで待機しているのは、すごく大きなこと。成長を感じる」と褒め上げた。

 今季67試合に登板する鉄腕は、6敗が納得できないが「最初のころはつまずいたことが多かった。良いところ、悪いところが分かってきて、練習できたのがよかった」。悔しさも糧にした。

 優勝マジックが7となり、「残りの試合も頑張りたい」。まだまだ腕を振るつもりだ。 (了)

【時事通信社】