東京ドームの巨人主催試合で観客動員数が史上初3万人割れ、客寄せで斎藤佑樹の獲得も

記事まとめ

  • 9月27日の観客動員数が2万5397人、東京ドームでの巨人主催ゲームで史上初の3万人割れ
  • 首位打者争いを繰り広げる坂本勇人は出場も、二冠を狙う菅野智之の登板日ではなかった
  • 客を呼ぶために、獲得リストに北海道日本ハムの斎藤佑樹が再浮上したようだ

巨人が人気挽回策でおねだり王子斎藤佑トレード獲得へ(1)

 来季の補強ポイントは『実力』と『人気』−−。手っ取り早く、お客の呼べるスター選手を獲るにはトレードが近道。そこで、あの男の名前が再浮上した。

 9月27日の観客動員数が2万5397人。東京ドームでの巨人主催ゲームでは史上初の3万人割れ。だが、チームスタッフはすでに覚悟していたようだった。
 「前売りチケットの売れ行きがよくないと聞いていましたからね。原因はいくつか考えられます。広島の優勝が決まった後で、人気のない中日戦だったこと。また、タイトル争いに影響しない試合でもありました。首位打者争いを繰り広げている坂本勇人は出場しましたが、防御率、奪三振の二冠を狙う(当時)菅野智之の登板日でもなかった。ファンの興味を煽るような試合にならなかったのです」(関係者)

 高橋由伸監督(41)に好感を持つファンは多い。今季から就任した新監督へのご祝儀ではないが、「優勝は逃したが、最後まで応援してやろう」というファン心理とはならなかったことも、巨人関係者にショックを与えた。
 「オレンジ色のレプリカユニホームを配るなど、営業は必死の巻き返しを行っていましたが」(担当記者)

 同時に、二つの課題が口にされた。一つは「やはり、優勝しなければダメ」というもの。もう一つは「客を呼べる選手がいない」だ。
 「近年のチーム編成に影響してくる話です。巨人のドラフト戦略は『実力主義』で1位候補を絞り込んできました。その方針は間違っていないと今も思っていますが、他球団は甲子園スターや、その年の目玉選手をまず獲ってくる。特にパ・リーグの球団がそうでした」(前出・関係者)

 今秋のドラフト候補は将来性はともかく、即戦力系の投手が少ないという。夏の甲子園大会でも、これといったスター選手は出現しておらず、早実の清宮幸太郎はまだ2年生だ。獲得リストに将来のスター候補選手が不在となり、そこで再浮上してきたのが、元甲子園スターで東京六大学の雄だった北海道日本ハムの斎藤佑樹(27)である。
 「日ハムは大谷翔平と中田翔のチームとなりました。栗山英樹監督が就任した2011年オフ、フロントに求められたのは『斎藤と中田を一人前にしてくれ』というものでした。栗山監督は今も斎藤に目を掛けていますが、経営陣は今さら彼に一軍の先発ローテーションに入ってチームを牽引してくれとは思っていないでしょう」(ベテラン記者)

関連記事(外部サイト)