熱き侍たちが躍動!! メジャーリーグ Times 日本人セットアッパー 上原と田澤の貢献度

 上原浩治は42歳という高齢にもかかわらず、今季、カブスに1年600万ドルという好待遇で迎えられ、セットアッパーの1人として期待された。シーズン前半の防御率は2.73なので(メジャーのリリーフ投手の平均は4.14)、けっこう活躍しているように見えるが、貢献度はそう高くなかった。
 今季前半、上原は同点の場面で6度登板し、そのうち3試合で失点。いずれもチームの敗戦に繋がったため、肝心の場面で踏ん張れなかった印象が強いからだ。

 肝心な場面で打たれた理由は、伝家の宝刀スプリッターの制球が定まらず、浮いて痛打されるケースが多かったからだ。そのため、6月以降はスプリッターの比率を大幅に減らし、速球主体の投球を見せている。これが功を奏し、6月以降の防御率は1.49で、目に見えて失投が少なくなった。
 上原の速球は平均時速が139.7キロで、メジャーで最もスピードが遅い速球の一つに数えられているが、浮き上がる軌道になるため見た目よりはずっと威力がある。しかも一球一球、スピードと軌道を変えながら投げているので、打者は打てるようで打てないのだ。

 そんな上原は、6月下旬にメジャー最年長投手だったバートロ・コローンがブレーブスを解雇されたため、最年長投手になった。メジャーは日本のプロ野球に比べて高齢の投手に冷淡であるため、上原は後半戦で、結果を出す必要がある。
 一番望ましいのは、上原がシーズン後半、セットアッパーとしてフルに機能し、カブスの逆転地区優勝に多大な貢献をすることだ。さらにプレーオフでも『ポストシーズン男』ぶりを発揮してもらいたい。
 昨年、カブスは108年ぶりにワールドシリーズ制覇を成し遂げたことから、今季もナ・リーグ中地区の地区優勝を確実視されていた。しかし、先発投手陣の不振と打線の低迷でシーズン前半は、43勝45敗とよもやの負け越し。ただ、ライバルチームも低迷しているため、カブスは前半戦を同地区2位で終えている。首位ブルワーズまでは5.5ゲーム差しかない。資金力のあるカブスは、7月末のトレード期限に大物先発投手を1人補強するのは確実なので、地区優勝の可能性は大いにある。

 筆者は、上原がシーズン後半、セットアッパーとしてフルに機能し、チームをポストシーズンに導く牽引車の1人になるとみている。なぜなら今季は前半戦で大事に使われたため、例年ほど疲労が溜まっていないからだ。上原は前半戦で酷使されると、後半戦で腕の振りが鈍くなりボールが浮いて失点が多くなる傾向がある。しかし、疲労が溜まっていない状態なら、速球、スプリッターとも制球が安定し、滅多に打たれない。レッドソックスに在籍した昨シーズンは7月20日から9月7日まで故障者リスト(DL)入りしたあと復帰し、疲労がない状態だったため、シーズン終了までの11試合で無失点登板を続けてチームの地区優勝に貢献した。
 今季後半も、疲労が蓄積していない状態で投げられるので、その再現が見られるかもしれない。

 田澤は今季、マーリンズに2年1200万ドルで迎えられ、セットアッパーとして期待されていた。しかし序盤戦、側胸部に痛みがある状態で投げていたため制球が安定せず、本塁打と四球がらみの失点が多くなった。それでも新チームに貢献したいという気持ちが先に立って投げ続けていたが、5月15日のアストロズ戦でグリエルに満塁アーチを献上した際、痛みをこらえて投げていたことが発覚。医師の診察により、肋骨と肋骨を繋ぐ連結部の軟骨が炎症を起こしていることが判明し、DLに入った。
 復帰が叶ったのは6月22日で、7月に入ると制球が目に見えて安定。速球を高目に、変化球を低目にきっちり投げ分けられるようになったため、凡フライを量産する本来のピッチングが見られるようになった。
 それにより、首脳陣の評価は上昇。4月下旬以降はすべてリードされている場面で使われていたが、7月9日の前半戦最後のゲームで久々にセットアッパー(勝ちパターンのリリーフ)として起用され好投した。
 そのためシーズン後半は重要度の高い場面で使われるケースが多くなるだろう。

 マ軍は球団の売却交渉が進んでいるが、まだ2、3カ月かかると思われる。強欲なロリア・オーナーは、正式に売却が決まる前に負債を減らすため、7月末のトレード期限に主力選手を多数放出する構えだ。リリーフ陣の主力も2、3人放出されると思われる。よって、田澤は8月以降セットアッパーの2、3番手で使われる可能性もある。
 来季もマ軍と契約を残す田澤は、後半戦、セットアッパーが十分務まるレベルの投手であることを首脳陣にアピールする必要がある。それができれば、来シーズン、新オーナーの下で大きく羽ばたけるだろう。

スポーツジャーナリスト・友成那智(ともなり・なち)
今はなきPLAYBOY日本版のスポーツ担当として、日本で活躍する元大リーガーらと交流。アメリカ野球に造詣が深く、現在は大リーグ関連の記事を各媒体に寄稿。日本人大リーガーにも愛読者が多い「メジャーリーグ選手名鑑2017」(廣済堂出版)が発売中。

関連記事(外部サイト)