浅尾美和が『熱闘甲子園』とビーチで狙う再ブレイク

 この夏、あの“ビーチの妖精”の露出度が飛躍的に増えそう!?

 全国各地で夏の甲子園大会出場校がすべて決まった。各メディアとも、有名校や地元に縁のある著名人からのコメントを掲載するなど大会盛り上げに必死だが、その著名人の中に、元ビーチバレー選手で、現在はママタレとしても活躍する浅尾美和(31)の姿もあった。
 「浅尾のコメントが好評です。『頑張れ』といった月並みな応援ではなく、球児に寄り添った内容で、高校野球関係者も一目置いていました。一時期、夏の甲子園大会を特集する『熱闘甲子園』(テレビ朝日系)の後継者に噂されたほどです」(アマチュアスポーツ担当記者)

 元祖美女アスリートの浅尾は一時期、ビーチバレーの解説も務めたが、お世辞にも上手いとは言えない内容だった。それでも“畑違い”の高校野球でコメントを寄せたのは、一昨年夏、母校・津商業が甲子園に出場したこと。そして、弟が高校球児であるため、一ファンとして高校野球を観戦してきたからだそうだ。
 「野球に関する専門的なコメントではなく、スポーツに打ち込んできた先輩として、球児たちの必死さ、涙、その悔しさが分かる内容でした。自身の経験談として、あんなに練習したのに、強豪校に勝てなかったときの悔しさ、どうやったら勝てるんだと悩んだことなども語られ、『好きなスポーツに打ち込んできたから、あんな素敵な笑顔になれるんだ』と、高校野球への愛情を語っていました。競技は違えど、悔しさ、悩みを視聴者に共感させるものでした」(同)

 三重県代表・津田学園が甲子園で勝ち上がればもちろんだが、学生スポーツの喜怒哀楽を理解する浅尾はこの先、「応援メッセンジャー」として登場しそうだ。
 「春の高校バレーのときも、応援メッセージを寄せています」(TV局員)

 目下、ビーチバレー普及のために奔走しているだけに、この夏はビーチと甲子園の“二刀流”になる?
 「多忙で、ビーチバレーのコスチュームのまま球場入り」なんてことになれば、オジサンはなお嬉しい。

関連記事(外部サイト)