明桜・風間球打はソフトバンクが交渉権獲得 ドラフト会議

明桜・風間球打はソフトバンクが交渉権獲得 ドラフト会議

明桜高(秋田)の風間球打投手=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2021年8月15日、西夏生撮影

 プロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議は11日、東京都内のホテルで行われ、高校球界屈指の好投手で最速157キロ右腕の明桜高(秋田)の風間球打(きゅうた)投手はソフトバンクが1位指名し、交渉権を獲得した。

 豪快なフォームから繰り出す最速157キロの直球に、変化球も多彩。183センチ、81キロ。

工藤監督「日本を代表する選手に」

 ソフトバンク・工藤監督 (1位指名の風間は)素晴らしい投手だと聞いている。スカウトが全国を回り、今年のドラフトは彼で行きたいという強い思いが実になった。日本を代表する選手になってほしい。

関連記事(外部サイト)