予想覆す野手で固めた上位指名 楽天、ロッテの大胆なドラフト戦略

予想覆す野手で固めた上位指名 楽天、ロッテの大胆なドラフト戦略

プロ野球ドラフト会議の抽選会場=東京都内のホテルで2021年10月11日(代表撮影)

 野手、野手、野手――。上位候補の野手が少ないと言われた今年のドラフトで、楽天は1〜3位まで野手を指名した。楽天の先発陣は中堅からベテランが中心だが、野手で固めた。現在、チーム防御率リーグ5位のロッテも1、2位は野手を指名。両チームとも大胆なドラフト戦略だった。

 楽天の1位は高校通算56本塁打で185センチの右の大型外野手・吉野(埼玉・昌平高)。2位は強肩強打の捕手・安田(愛知大)、3位には外野手・前田(静岡・三島南高)を選んだ。前田は今春の選抜高校野球に21世紀枠で出場しているが、吉野、安田は全国大会の出場経験はなく、知る人ぞ知る存在だ。

 吉野を指名した理由について、楽天の石井一久ゼネラルマネジャー兼監督は「チームにとって2〜4年後、柱になるような打者になれるのが吉野選手だと思った。球団の中でほぼ一致して指名した」と説明する。

 ロッテも1位は強肩強打の捕手・松川(市和歌山高)、2位は大型内野手の池田(国士舘大)を指名。井口監督は松川について「日本一の捕手になれる選手」とし、球界で不足している強打の捕手に成長することを期待する。

 他球団の1位指名は大方の予想通り高校や大学の投手だった。大胆なドラフト戦略は、時としてファンから批判されることもある。だが、石井監督は「いろんな批判や、なぜだということもよくあるじゃないですか? 評論家とアナリストは違うので、人の声に惑わされず、しっかりとこのイーグルスの3、4年後に向けて行ける選手(を指名した)」と自信を見せる。

 競合した1位指名選手が必ずしも大成するわけではないのもドラフトの面白さ。各球団の将来を見据えた補強がどう実るのか、注目したい。【安田光高】

関連記事(外部サイト)