ロッテ、電光石火の攻撃で流れ 佐々木朗希を援護 マジック点灯

ロッテ、電光石火の攻撃で流れ 佐々木朗希を援護 マジック点灯

【オリックス−ロッテ】一回表ロッテ1死一、二塁、適時二塁打を放ち喜ぶレアード=京セラドーム大阪で2021年10月14日、藤井達也撮影

○ロッテ6―1オリックス●(14日・京セラ)

 ロッテが2日連続の2桁安打で首位オリックスに勝ち、優勝へのマジックナンバー「9」を点灯させた。

 長かったリーグ戦も最終盤。逆転優勝を狙うロッテはラストスパートに入って打線が完全に目覚めたようだ。両チームにマジック点灯の可能性があった今季最後の直接対決は、電光石火の攻撃で早々に試合の流れを決定づけた。

 今季12勝のオリックス先発・宮城の不安定な立ち上がりを逃さなかった。一回1死から右前打と四球で一、二塁とし、4番のレアードが外角低めの変化球を体勢を崩しかけながら左翼線へ運ぶ先制二塁打。続くエチェバリアも二塁打で2点を加え、二、三回も加点して序盤に5点を奪い、「勝負あり」だった。3試合連続先制打のレアードは「何より(ロッテ先発の佐々木)朗希に先に点を取ってあげることができてよかった」と喜んだ。

 大量得点をプレゼントされて楽になったのは、打線の援護が少なくここまで2勝にとどまっていた佐々木朗希。「調子自体はあまりよくなかったが、早い回に点を取ってもらって思い切って投げられた」。プロ入り後初めて中6日という短い登板間隔だったが、6回8奪三振で無失点と試合を作り、同じ高卒2年目の宮城に投げ勝った。「勝てて良かった。きょうは自分の力というよりも、野手の方に感謝したい」

 投打がかみ合い、オリックスとの天王山3連戦を2勝1分けと勝ち越した。残り10試合でマジック「9」は簡単な数字ではなく、激しいデッドヒートは続きそうだが、最後の直線で再び勢いが増す勝利だったことは間違いない。【大島祥平】

関連記事(外部サイト)