ソフトバンク真砂「頭が真っ白」プロ初安打が本塁打

ソフトバンク真砂「頭が真っ白」プロ初安打が本塁打

ソフトバンク真砂は初安打を初本塁打で飾りガッツポーズ(撮影・宮崎幸一)

<オリックス3−5ソフトバンク>◇3日◇京セラドーム大阪

 5年目のソフトバンク真砂勇介外野手(23)がプロ初安打となる初本塁打を放った。

 3点リードで迎えた5回に中越えソロ。プロ6打席目で飛び出した1発だった。「まだヒットが出ていなかったので、自分にプレッシャーをかけていた。打った球を覚えてないくらい興奮した。頭が真っ白で、気付いたらベンチで座っていました。素直にうれしい」。ベンチ前では、1月のグアム自主トレに同行した師匠の柳田と熱い抱擁を交わし、喜びを分かち合った。