阪神福留が先制11号ソロ「しっかりと捉えた」

阪神福留が先制11号ソロ「しっかりと捉えた」

阪神対ヤクルト 1回裏阪神2死、福留は右越えソロ本塁打を放つ(撮影・加藤哉)

<阪神4−0ヤクルト>◇5日◇京セラドーム大阪

 阪神福留孝介外野手(40)が先制となる11号ソロを放った。

 1回2死。ヤクルト小川の内角への143キロの速球を捉えた。きれいな放物線を描いた打球はそのまま右翼席に突き刺さった。「塁に出ることを考えて打席に入り、甘くきた球をしっかりと捉えることができました。先制することで投手も攻めていきやすくなると思いますし、またここから追加点を取れるように頑張ります」と意気込んだ。