金本監督「しびれました」代打伊藤隼弾&俊介4安打

金本監督「しびれました」代打伊藤隼弾&俊介4安打

勝利に岩崎優らとハイタッチの金本知憲監督(撮影・河南真一)

<阪神6−5ヤクルト>◇6日◇京セラドーム大阪

 阪神が代打伊藤隼の代打逆転本塁打で、ヤクルト戦の同一カード3連勝を飾った。貯金を再び「10」に戻し、広島のマジック点灯を阻止した。試合後の金本知憲監督(49)の談話は以下の通り。

 −同一カード3連勝

 金本監督 初戦と2戦目を勝てて、3戦目いけそうな感じで落とすというパターンが多かった。どうしてもそういうパターンを消して、3連勝したかったのでよかった。

 −7回に代打伊藤隼が逆転ホームラン

 金本監督 何とかヒットを打ってくれないかなと思ったが、まさかホームランとは…。しびれました。

 −今年は代打が活躍

 金本監督 いい所でしぶとく一、二塁間を抜いてくれたり、ホームランも打ってますしね。いい所でいい結果を出してくれている。今年は頼りになっている。

 −1番で起用した俊介も奮闘

 金本監督 そうですね。何かあったんですかね(笑い)。分かりませんけど。

 −プロ初の4安打

 金本監督 これで終わらないようにしてほしい。

 −上本、鳥谷をスタメンから外した

 金本監督 積極的な休養で、前向きな休養。上本もヘロヘロだったので、2連休をあげて、来週の火曜日に万全で臨んでほしい。

 −リリーフも安定している

 金本監督 最後はドリスがヒヤヒヤさせてくれたが、球児も岩崎も見事に投げてくれて頼もしい限りです。

 −次週は巨人、DeNA戦

 金本監督 いい勝ちパターンができてきている。打線もまずまず活発になっている。この調子を維持してがんばっていく。