引退試合で入れ替えなし1軍登録可「引退特例」承認

プロ野球「引退特例」を承認

引退試合で入れ替えなし1軍登録可「引退特例」承認

引退試合で入れ替えなし1軍登録可「引退特例」承認

昨年、引退試合に出場したロッテ・サブロー

 日本野球機構(NPB)の理事会と12球団による実行委員会が7日、都内で開かれ、「引退選手・特例登録手続き」が承認された。

 そのシーズン限りで現役引退する選手が引退試合として公式戦に出場する場合、引退試合の当日のみ(1日限定)、球団の出場選手登録に、当該選手を追加することが可能になる。

 これまでは引退試合を行うためには、1軍登録の上限28人の中から、1人を登録抹消して入れ替える必要があり、抹消された選手は10日間、再登録ができなかった。

 主な内容は以下の通り。

 <1>特例登録手続きによる同一試合の適用人数に制限はない。(1球団における1シーズン中の適用回数にも制限は設けない)

 <2>1選手に適用される回数は、ホーム、ビジターにかかわらず1回限りとする(適用された試合に出場できなかった場合、再度の申請はできない)

 <3>特例登録手続きを申請してもベンチ入り人数は最大25人とする。(例・出場登録選手数=28人・適用選手1人=29人→ベンチ入り25人・ベンチ外4人)

 <4>特例登録手続きの適用は1日限定とする。翌日は自動的に登録抹消になる。雨天等で中止になった場合は、当該球団が指定する別の試合に適用される。FAに数には加算されない。

 <5>特例を適用した場合は、当該選手はシーズン終了まですべての試合において再度出場選手登録をすることはできない(日本シリーズは出場可能)