済美が上甲監督に捧げる白星、愛媛県勢4年ぶり勝利

済美が上甲監督に捧げる白星、愛媛県勢4年ぶり勝利

5回裏済美2死一、三塁、左越え3点本塁打を放つ橋本(撮影・鈴木みどり)

<全国高校野球選手権:済美10−4東筑>◇8日◇1回戦

 愛媛代表の済美が初戦を突破した。21年ぶり出場の東筑の2年生エース石田は序盤、制球が定まらない。1回裏、2四死球に暴投と無安打で1点を献上した。

 済美は3回、先頭の宇都宮が死球出塁から1死二塁とし、4番八塚がチーム初安打となる二塁打。守りのミスもあり、2点目を奪った。

 東筑は3回の守りで中堅手・阿部の美技で3失点目を阻止すると直後の4回表に猛攻。5番盛田が左翼へソロ本塁打から菊池、安部、北村と連打。長短4連打でこの回3点を挙げ逆転した。

 4回裏、済美の攻撃中に降雨で一時中断。1時間15分後

再開。

 東筑が5回表に1点加点も、その裏、済美が石田を捕らえる。連打で好機を作り犠飛で1点。さらに橋本に3ラン本塁打が飛び出し、6−4と再逆転した。橋本の本塁打は夏の甲子園球場通算1500号となった。

 済美は6回にも亀岡の2ランでリードを広げた。

 福岡県大会全7試合を1人で投げ抜いた東筑・石田は、8回途中145球10失点で降板。

 済美は14年に上甲元監督が亡くなってから初の甲子園での白星。愛媛県勢4年ぶりの勝利ともなった。