東筑「石田伝説」4代目10失点の乱調「情けない」

東筑「石田伝説」4代目10失点の乱調「情けない」

甲子園球場の土を持ち、涙ながらに引き揚げる東筑・石田(撮影・鈴木みどり)

<全国高校野球選手権:済美10−4東筑>◇8日◇1回戦

 21年ぶりに出場した県内屈指の公立進学校、東筑(福岡)が4−10で済美(愛媛)に完敗した。

 「石田伝説」を継承する2年生エース右腕、石田旭昇(あきのり)投手が、7回2/3で10安打10失点(自責6)の大乱調。今夏が同校6度目の甲子園出場で、そのうちエース4人が石田姓。その4代目として臨んだが、2本塁打も浴び、「情けない。1発勝負の怖さを知りました」と悔しがった。