阪神ロジャースが先制打「センターへ返す意識で」

阪神ロジャースが先制打「センターへ返す意識で」

1回表阪神2死二塁、中前適時打を放つロジャース(撮影・横山健太)

<巨人−阪神>◇9日◇東京ドーム

 阪神ジェイソン・ロジャース内野手(29)が先制打を放った。

 1回2死二塁。畠の外角への速球を中前にはじき返した。二塁走者を生還させ、先取点をたたき出すと、一塁ベース上で充実の表情を浮かべた。「甘いボールを打ち損じてしまいファウルにしてしまったので、次のボールを力まずにセンターへ返す意識で打つことができました。先制することができて良かったです」。

 前日8日は初の巨人戦は4打数無安打。「相手投手というより自分の打席に内容がなかった。タイミングがずれていた。修正したい」と話していた。