日大山形、痛恨エラーで敗戦「これを糧にして」監督

日大山形、痛恨エラーで敗戦「これを糧にして」監督

整列してグラウンドにあいさつする山形日大ナイン(撮影・梅根麻紀)

<全国高校野球選手権:明徳義塾6−3日大山形>◇9日◇1回戦

 日大山形が痛恨のエラーで明徳義塾に延長12回の末、敗れた。

 12回表2死一、二塁。明徳・谷合の打球は三遊間へ。鹿野佑太遊撃手(3年)が捕って、三塁に投げようとしたが、ベースカバーがおらず、反転して二塁送球を試みたが悪送球となり決勝点が入ってしまった(記録は内野安打と送球エラー)。その裏の攻撃では2死一、二塁で打席が回ってきたが遊飛に倒れ最後の打者となった。

 試合後の取材。鹿野は約3分ほど報道陣が声を掛けられないほど号泣。それでも「こういう結果になってしまいチームメートに申し訳ない。(悪送球の瞬間は)頭が真っ白になってしまった。悔しいです」と声を絞り出した。

 荒木準也監督は鹿野を責めなかった。「これからも彼の野球人生は続く。これを糧にしてくれればいい。今日は鹿野のエラーで負けたけど、鹿野が打って勝った試合だってたくさんある」と思いやっていた。