日本ハム有原4回途中6失点KO「申し訳ない」

日本ハム有原4回途中6失点KO「申し訳ない」

3回裏楽天2死一、二塁、聖沢(手前)に右越え3点本塁打を浴びる有原(撮影・黒川智章)

<楽天−日本ハム>◇9日◇Koboパーク宮城

 日本ハム有原航平投手(24)が、序盤に大量リードを許して降板となった。

 味方打線が先制した直後の1回、早大の1学年後輩茂木に先頭打者アーチを浴びた。3回にはウィーラーに右中間へ2点二塁打、聖沢に右越え3ランを食らい一挙5失点。再び味方打線の奮起で2点差に迫ったが直後の4回2死で、茂木に左中間二塁打を許したところで降板。3回2/3で7安打6失点でKOされた。

 これで6月30日ロッテ戦での白星以来、5試合連続で勝利から遠ざかっている。「初回の本塁打もそうなんですけど、3回2死から四球を出して打たれたことが良くなかったです。あの場面を抑えれば流れが変わってきたかもしれないので、今後の課題にしていきたいです。チームに迷惑をかけてしまい申し訳ないです」と反省の言葉を並べていた。