松商学園17年ぶり夏1勝、機動力で土浦日大を圧倒

松商学園17年ぶり夏1勝、機動力で土浦日大を圧倒

1回裏松商学園1死一、三塁、先制の左前適時打を放つ藤井大地(撮影・前田充)

<全国高校野球選手権:松商学園12−3土浦日大>◇9日◇1回戦

 松商学園(長野)が17年ぶりに夏の甲子園で1勝をあげた。

 初回、1死から左前打で出塁した渡辺幹太内野手(3年)が「流れを引き寄せるのが自分の役目」と、盗塁を決め、4番の藤井大地主将(3年)の左前適時打で1点を先制。県大会まで不調だった藤井の1本で、チームのムードは一気に上がり、その後も毎回安打で21安打、5盗塁で機動力も絡め12得点で圧倒した。

 新チーム発足時、足立修監督(53)は、「足の速い選手が多い。足を積極的に使っていく」と方針を決め、日々の練習ではリードの取り方など、1つ1つチェック。「守りに入らず、攻めの姿勢の野球」を目標に練習に取り組んできた。

 北原拓未外野手(3年)は、「このチームは特大のホームランを打つような選手はいないので、つないで1点でも多くとる。そのために、バッティングも低い打球を徹底して機動力を使う野球が持ち味になりました」と話した。その言葉通り、21安打中20安打が単打。機動力が大量得点につながった。

 足立監督は、「選手たちはよく見極めて打って走ってくれた。普段通りの精神力で戦ってくれました」と選手たちを褒めた。