巨人1年目外国人でカミネロ球団初20S、寺内V打

巨人1年目外国人でカミネロ球団初20S、寺内V打

巨人対阪神 8回裏巨人2死満塁、寺内は左翼線適時二塁打を放ち二塁上でガッツポーズする(撮影・加藤哉)

<巨人5−2阪神>◇10日◇東京ドーム

 阪神は2回に梅野、俊介の適時打で巨人先発内海から2点を先制。先発メッセンジャーは3回まで無安打投球と完璧な立ち上がり。

 巨人は5回に長野の12号ソロで反撃を開始。6回の守備で内海がスクイズを阻止し、裏の攻撃でマギーの犠飛で同点に追いついた。

 巨人は8回、2死満塁から寺内の2点適時打などで3点勝ち越す。カミネロが守り、来日1年目外国人投手では球団初の20セーブ。巨人マシソンが3勝目、阪神マテオが4敗目。