ヤクルト中村2点適時打など3回2死から一挙4点

ヤクルト中村2点適時打など3回2死から一挙4点

中日対ヤクルト 3回表ヤクルト2死満塁、中村は中前2点適時打を放つ(撮影・前岡正明)

<中日−ヤクルト>◇11日◇ナゴヤドーム

 ヤクルトが2点を追う3回に4点を奪い、逆転した。

 2死から中日バルデスにしぶとく食らいついた。1番坂口が四球で出塁すると、続く山崎が一塁内野安打で続き、2死一、三塁。3番バレンティンが右前にポトリと落とす適時打で1点を奪うと、4番山田が四球を選んで満塁に。続くリベロは遊撃へのゴロとなったが、中日京田が一塁へ悪送球。その間に三塁走者が生還して同点に追いついた。なおも満塁で、6番の中村が中前へ2点適時打を放ち、一気に勝ち越した。

 バレンティンは「打ったのはスライダー。ラッキーだね」と話せば、勝ち越し打を放った中村は「打ったのはスライダー。1打席目に三振してしまったので、何とか食らいついていきました」と話した。