デスパイネ先制 「ギータが歩かされた」意地の一打

デスパイネ先制 「ギータが歩かされた」意地の一打

3回裏ソフトバンク2死一、二塁、デスパイネは中前に先制適時打を放つ(撮影・栗木一考)

<ソフトバンク1−0日本ハム>◇12日◇ヤフオクドーム

 ソフトバンクのアルフレド・デスパイネ外野手(31)が3回に先制適時打を放った。

 3回2死二塁、試合序盤にもかかわらず日本ハムベンチは4番柳田を敬遠。続く5番デスパイネが中前へはじき返し、先制点を奪った。「ギータが歩かされたし、チャンスだったので、絶対モノにする! という強い気持ちで打席に入った。(先発の)千賀も頑張っているし、先制点が取れてよかった」と意地の一打だった。