日本ハム上沢「甘くなった」敬遠後デスパイネに痛打

日本ハム上沢「甘くなった」敬遠後デスパイネに痛打

3回裏ソフトバンク2死一、二塁、デスパイネに先制適時打を浴びる上沢(撮影・栗木一考)

<ソフトバンク1−0日本ハム>◇12日◇ヤフオクドーム

 日本ハムの先発上沢直之投手(23)が1球の制球ミスに泣き、4敗目を喫した。

 両軍無得点の3回2死一、二塁の場面でデスパイネに決勝の中前適時打を浴びた。内角を狙った直球が甘く入り、とらえられた。「真っすぐ自体は納得して投げたけど、甘くなった。反省しないといけない」と、振り返った。

 決勝打を浴びる直前にはベンチからの指示で柳田を敬遠。「正直、勝負したかった気持ちもありました」と話すが、気持ちを切り替えて臨んだデスパイネとの勝負で、序盤から不安定だったコントロールが狂ってしまった。7回5安打1失点とソフトバンク千賀と堂々と投げ合ったが「結果的に負けが付いたので、投げ負けた感じですかね」と、悔しさを押し殺していた。