広島緒方監督「今日は薮田の投球に尽きる」一問一答

広島緒方監督「今日は薮田の投球に尽きる」一問一答

決勝本塁打を放った西川(左)と初完封勝利を挙げた薮田は笑顔でガッツポーズ(撮影・宮崎幸一)

<広島1−0巨人>◇12日◇マツダスタジアム

 広島は2回に西川が3号先制ソロを放ち、先発薮田が巨人打線を4安打完封。今季3度目の1−0の勝利で、連敗を3で止めた。広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。

 −先発薮田が好投。

 緒方監督 今日は薮田の投球に尽きるでしょう。相手の巨人エース菅野としっかり互角に投げてくれた。そしてチームを勝たせて、相手打線をゼロに抑えてくれた。本当に素晴らしい投球でした。リードした会沢とも息がぴったりというね。ちょっと先頭の入りには中盤苦しんだところもあるかもしれないけど、終盤しっかりと打ち取る投球をしてくれた。

 −投手事情が苦しい中での完封。

 緒方監督 本人の大きな自信になるだろうし、完封を自信にしていい。中継ぎの登板が続いていたので、中継ぎ陣にもありがたい投球だったと思います。

 −好投に守りも堅かった。

 緒方監督 昨日も2−9の点差の中でしっかりいい守備があった。巨人にすばらしいプレーがずっと続いているので、それに負けないくらい集中してバックが投手をもり立てる守備をしてくれている。それがうちの野球なのでね。

 −西川の1発も大きかった。

 緒方監督 大きかったね。いい球だったと思うんだけどね。失投じゃないよね。難しい球をバッティングセンスというかテクニックで(体を)うまく回転させてファウルにせずに飛ばすわけだからね。打撃技術は高いものを持っている。これから出場機会も増えていくだろう。どんどん結果を残して自信にしてレギュラーを目指して頑張ってほしい。