緒方監督「今、乗っている子たち」会沢&安部称賛

緒方監督「今、乗っている子たち」会沢&安部称賛

緒方監督(左から6人目)は直接対決3連勝を飾り、決勝打を放った安部(同7人目)らとハイタッチ(撮影・宮崎幸一)

<広島6−4阪神>◇7日◇マツダスタジアム

 広島は先発ジョンソンが1回に3点を失うも、3回に田中の2ランで1点差とし、5回には4安打を集中させて逆転。6連勝でマジックを8とし、2年連続でのクライマックス・シリーズ進出を決めた。広島緒方孝市監督(48)の談話は以下の通り。

 −5回一気に逆転した

 緒方監督 今、乗っている子たちがね。会沢にしても、安部にしても、しっかり活躍してくれる。(先発の)ジョンソンがあんな状態だったけど(2番手)九里がしっかりと流れを切って、こっちに持ってきてくれた。今日も中継ぎがゼロで抑えて勝ち切ることができました。

 −3試合ともに接戦を勝ち切った

 緒方監督 そういうことよね。やっぱりホームの独特のムードから後押し、声援をもらえるので、選手も乗っていける。チャンスのところで一気にたたみ掛ける攻撃ができている。