西武辻監督「こういう負けもある」野上8失点KO

西武辻監督「こういう負けもある」野上8失点KO

ベンチで険しい表情の西武 辻 監督(撮影・佐藤翔太)

<西武2−9日本ハム◇8日◇メットライフドーム

 西武が投打に完敗を喫した。先発の野上亮磨投手(30)が4回に5長短打を浴びるなど、3回2/3を8失点(自責5)でKO。

 打線も日本ハム先発の高梨を攻略できず、8回に坂田のソロ本塁打などで2点を奪ったが反撃が遅かった。

 辻発彦監督(58)は「野上は変化球を多投しすぎたかな。高めにいけば打たれる。真っすぐあっての変化球。いいときは低めに真っすぐがいくから、変化球が生きる。次回は入り方を工夫しないと」と指摘。打線については「(高梨は)テンポもよかったし、高めの直球がいいところにきていた。それでもゼロで終わらず、2点取ったことを良しとしないといけない」とし、「こういう負けもある」と切り替えた。