オリックス山岡6回2失点で降板、先頭への四球反省

オリックス山岡6回2失点で降板、先頭への四球反省

6回裏楽天無死、山岡は決め球が外れて悔しがる(撮影・松本俊)

<楽天3−5オリックス>◇9日◇Koboパーク宮城

 オリックス山岡泰輔投手(21)が8勝目の権利を持って降板した。

 5回まで楽天打線を内野安打1本に抑える好投。だが6回、先頭の島内に四球、1死からアマダーに右中間を破る適時二塁打を打たれて1失点。2死三塁で銀次に右前に運ばれ、2点目を失った。6回を投げ終え、5−2の局面で交代した。

 「なんとか最少失点で切り抜けて7回まで投げたかったです。初回もそうですし、6回の先頭への四球を反省しなければいけないと思います」と悔やんだ。