阪神糸井「トリが最後決めてくれた」超人打でつなぎ

阪神糸井「トリが最後決めてくれた」超人打でつなぎ

12回裏阪神2死、右翼線二塁打を放つ糸井(撮影・田崎高広)

<阪神2−1DeNA>◇9日◇甲子園

 阪神糸井嘉男外野手(36)が延長12回2死から右翼線二塁打を放ち、鳥谷のサヨナラ打を呼び込んだ。

 凡退すれば、引き分けでゲームセットの場面で、勝利への執念を見せた。カウント2−2と追い込まれた直後の5球目。低めにきた112キロのスライダーを、体勢を崩されながらも右翼線に打ち返した。

 「トリが最後に決めてくれて、勝ててよかった。明日もこの勝ちを生かしていきたいです」

 4時間19分の死闘を制したきっかけは、超人の意地だった。