秀岳館・田浦5失点KO「韓国は食らいついてくる」

秀岳館・田浦5失点KO「韓国は食らいついてくる」

日本先発の田浦(撮影・鈴木みどり)

<U18W杯:日本4−6韓国>◇9日(日本時間10日)◇スーパーラウンド◇カナダ・サンダーベイ

 高校日本代表の秀岳館・田浦文丸投手(3年)が、まさかの2回途中5失点でKOされた。

 試合前まで、今大会は5試合にリリーフ登板。仲間から、通称「お化けチェンジ」と命名されたチェンジアップを武器に12回1/3で驚異の27奪三振。無失点に抑え、日本投手陣のエース級の活躍だったが、初先発は悔しさの残る投球だった。

 「韓国は食らいついてくる。抜け球が多くて、それをとらえられた。(悪送球など)ちょっとしたミスが、大きなミスになってしまった」と肩を落とした。