西武秋山が同点打「初球から狙っていきました」

西武秋山が同点打「初球から狙っていきました」

1回裏西武1死二塁、適時二塁打を放つ秋山(撮影・野上伸悟)

<西武8−7日本ハム>◇10日◇メットライフドーム

 西武秋山翔吾外野手(29)が同点打を放った。

 1点を先制された直後の1回1死二塁から、右翼フェンス直撃の適時二塁打。内野安打で出塁した金子侑が、二盗を決めてつくった好機での一打に「打ったのはカーブです。ネコ(金子侑)が足を使ってチャンスをつくってくれたので、初球から狙っていきました」と振り返った。