阪神4番大山「初球から積極的に」満振りタイムリー

阪神4番大山「初球から積極的に」満振りタイムリー

阪神対DeNA 3回裏阪神1死三塁、右翼線適時二塁打を放つ大山(撮影・田崎高広)

<阪神7−6DeNA>◇10日◇甲子園

 阪神大山悠輔内野手(22)が4番の役割を果たした。

 1点を追う3回1死三塁。浜口の初球内角速球をフルスイングすると、痛烈なゴロで一塁線を破り、同点適時打になった。

 「(三塁打を放った福留)孝介さんがチャンスを作ってくれたので、同点にすることを考えて、初球から積極的に打ちにいきました。ランナーをかえすことができて良かったです」と振り返った。