阪神メンドーサ5回3失点「自分の仕事はできた」

阪神メンドーサ5回3失点「自分の仕事はできた」

阪神対DeNA 阪神先発のメンドーサ(撮影・河南真一)

<阪神7−6DeNA>◇10日◇甲子園

 阪神の新外国人ルイス・メンドーサ投手(33)が粘りの投球で5回3失点にまとめた。

 2回には4安打を集中されて3点を失ったが後続を断った。動くツーシームとチェンジアップなど緩い球を駆使。特に筒香相手には細心の投球を見せつけた。1回1死一塁ではツーシーム2球で追い込み、最後は低めに沈むチェンジアップで遊飛。5回もチェンジアップで打ち気を誘い、引っ掛けさせて二ゴロ。「前回登板のような投球はできませんでしたが、野手の方が取ってくれた点を守り、リードした状態で次の投手につなぐことができたので、最低限ですが、自分の仕事はできたと思います」。日本ハムから移籍2度目のマウンドは、勝利投手の権利を手中にして降板した。