横浜・増田が意地の2安打も「自分の打撃できず…」

横浜・増田が意地の2安打も「自分の打撃できず…」

閉会式後、ヒップタッチをする増田(左)と中村(撮影・鈴木みどり)

<U18W杯:日本8−1カナダ>◇10日(日本時間11日)◇3位決定戦◇カナダ・サンダーベイ

 高校日本代表の横浜・増田珠外野手(3年)が、マルチ安打で意地を示した。

 4回に中前打で出塁し、大阪桐蔭・藤原の適時打でホームに生還。7回1死二塁では中前適時打を放った。夏の神奈川大会では、大会新記録の4試合連続本塁打をマーク。今大会は木製バットや海外の投手との対戦に苦しんだが、ラストゲームでらしさを発揮した。

 「自分のスイングができず、最後の試合まで(自分の)打撃ができなかったのは悔しいです。でも、最後の試合は楽しめたので良かった」と振り返った。進路についてはすでにプロ1本を明言。「これからの期間を有効に使って、プロでもやっていける体づくり、力強さをつけたい」と話した。