日本ハム横尾「自分のスイング出来た」大谷へ援護弾

日本ハム横尾「自分のスイング出来た」大谷へ援護弾

日本ハム対楽天 4回裏日本ハム1死一、二塁、横尾は左越え3点本塁打を放つ(撮影・佐藤翔太)

<日本ハム7−0楽天>◇12日◇札幌ドーム

 日本ハム横尾俊建内野手(24)が、先発大谷へ援護弾を送った。

 両チーム無得点の4回1死一、二塁から左中間へ先制の2号3ランを放った。プロ1号は8月27日楽天戦(Koboパーク宮城)でマーク。2年目で本拠地では初めてのアーチをかけた。「(球種は)高めのカットだと思いますね。少し上がりすぎましたけど、自分のスイングが出来たので入ってくれたと思います。チャンスだったので先制出来てよかったです」と振り返った。

 今季3度目の登板で初勝利を目指す大谷は、横尾の本塁打を確認すると両手を挙げて喜んでいた。