ヤクルト山田が全打点で競り勝ち 中日大野は8敗目

ヤクルト山田が全打点で競り勝ち 中日大野は8敗目

勝利投手の原樹(左)と攻守に活躍した山田はファンの声援に応える(撮影・松本俊)

<ヤクルト2−1中日>◇13日◇神宮

 

 ヤクルトは1回に山田の適時打で1点を先制、3回にも山田の適時内野安打で1点を加点。先発原樹は3回まで無失点と好投する。

 中日は5回1死三塁から遠藤の二ゴロの間に1点を返す。投げては先発大野が中盤は踏ん張り4回から6回までを無失点に抑える。

 ヤクルトは8回から継投に入り、1点差を守りきって連敗を2で止めた。原樹は3勝目(9敗)。中日大野は8敗目となった。