広島M2、オリ金子11勝/13日プロ野球まとめ

広島M2、オリ金子11勝/13日プロ野球まとめ

広島対DeNA お立ち台でガッツポーズする左から田中、安部、岩本(撮影・上田博志)

<プロ野球>◇13日◇神宮ほか

【セ・リーグ】

◆広島M2&九里9勝目、DeNA飯塚3敗目で4位

<広島12−4DeNA>◇13日◇マツダスタジアム

 DeNAは1回に3連続長短打で2点を先制。広島は1回に打者11人を送り込んで6点を奪って逆転。しかし3回に1点を失った。

 DeNAは4回に1点を奪って追い上げるも、投手陣が崩壊。6回に広島に打者10人、6安打されて6点を失った。

 広島は打線がつながった。5回以降無失点で快勝。優勝へのマジックを2とした。DeNAは投手陣が誤算。4位に転落した。広島九里は9勝目。DeNA 飯塚は3敗目。

 

◆巨人吉川光が移籍後初勝利 阪神岩田3回KO1敗

<阪神2−7巨人>◇13日◇甲子園

 巨人は2回、小林の適時打、マギーの16号3ランなどで6点を先制。阪神は先発岩田が3回でKOされる苦しい序盤となった。

 巨人は4回に橋本到の犠飛で1点を追加。阪神は6回まで8安打しながら、好機にあと1本が出ず巨人吉川光から得点を奪えない。

 阪神は9回に2点を入れたが反撃もそこまで。3回6失点の岩田が1敗目。6回無失点の吉川光は、巨人移籍後初勝利を挙げた。

 

◆ヤクルト山田が全打点で競り勝ち 中日大野は8敗目

<ヤクルト2−1中日>◇13日◇神宮

 ヤクルトは1回に山田の適時打で1点を先制、3回にも山田の適時内野安打で1点を加点。先発原樹は3回まで無失点と好投する。

 中日は5回1死三塁から遠藤の二ゴロの間に1点を返す。投げては先発大野が中盤は踏ん張り4回から6回までを無失点に抑える。

 ヤクルトは8回から継投に入り、1点差を守りきって連敗を2で止めた。原樹は3勝目(9敗)。中日大野は8敗目となった。

 

【パ・リーグ】

◆オリックス金子が11勝目、バンデンハークは7敗目

<ソフトバンク2−5オリックス>◇13日◇ヤフオクドーム

 オリックスは2回、先頭マレーロの14号ソロで先制。ソフトバンクもその裏、デスパイネが31号ソロを放ち、すかさず同点とした。

 オリックスは4回、マレーロの15号2ランなどで3点を加えると6回にもマレーロが3打席連続となる16号ソロ。4点差とした。

 ソフトバンクは7回に1点を返したが、反撃もそこまで。連勝は9で止まった。オリックスは同カードの連敗を6で止めた。金子が11勝目。平野は27セーブ目。ソフトバンクのバンデンハークは7敗目。

 

◆西武中村V3ラン&十亀8勝目、楽天藤平は3敗目

<楽天3−7西武>◇13日◇Koboパーク宮城

 楽天は2回2死から島内が左越え14号ソロを放って1点先取。藤平が安定した立ち上がりで西武打線を3回まで単打1本に抑えた。

 楽天が4回に2点追加し3点差としたが、西武が逆転。5回源田の適時打で1点、6回中村の逆転26号3ランなどで4点を挙げた。

 西武が逆転勝ちで3位楽天に2・5ゲーム差をつけた。8回にも2点追加してリードを広げた。楽天は西武に1分け挟み9連敗。  西武十亀が8勝目。楽天藤平は3敗目。

 

◆ロッテ佐々木が初完投で3勝目、日本ハムCS消滅

<日本ハム1−4ロッテ>◇13日◇札幌ドーム

 ロッテは初回に角中と中村の適時打で2点を先制。3回にペーニャが12号ソロで3点目を追加。日本ハムは3回まで2安打無得点。

 ロッテが4回1死三塁、角中の2本目の適時打で4点目を追加。佐々木は6回まで無失点。日本ハム先発上沢は4回途中で降板。

 ロッテは佐々木が初完投で5月以来の3勝目。日本ハムは横尾が2戦連発も1点止まりでCS進出の可能性が完全に消滅した。上沢は7敗目。