阪神陽川が今季2安打目「ラストチャンスと思って」

阪神陽川が今季2安打目「ラストチャンスと思って」

4回裏阪神1死一塁、陽川尚将は左前安打を放つ(撮影・宮崎幸一)

<阪神2−7巨人>◇13日◇甲子園

 阪神陽川尚将内野手(26)が今季2安打目となる左前打を放った。

 この日は6番一塁で先発出場し、4回の第2打席に左前打を放ち、1軍生き残りをアピールした。

 「ラストチャンスだと思って、自分のスイングをしようと思った。また明日から頑張っていきたい」

 今季2軍では102試合に出場し、打率2割8分2厘をマーク。長打力も発揮しており、21本塁打を記録していた。