工藤監督、連勝ストップもM3「明日また全力で」

工藤監督、連勝ストップもM3「明日また全力で」

ソフトバンク対オリックス 6回、ベンチで頭を抱える工藤公康監督(撮影・栗木一考)

<ソフトバンク2−5オリックス>◇13日◇ヤフオクドーム

 ソフトバンクの連勝が9でストップした。楽天が西武に敗れたため優勝マジックは1つ減って「3」となったが、14日(オリックス戦)の優勝が消滅。その後ビジターの5試合が組まれているため、地元ヤフオクドームで胴上げの可能性は低くなった。

 工藤公康監督(54)は、バンデンハークがマレーロの3打席連続本塁打を浴びたことに「1人に4打点と打たれれば、あまりよくはない。同じ球を本塁打されたわけではないので。攻略法はあるので、次までに修正すればいい」と淡々と振り返った。「今日は終わったので、明日また勝てるように全力で頑張ります。また明日!」と気持ちをすぐに切り替えていた。