阪神ドリス1点リード守れずも「粘れたと思う」

阪神ドリス1点リード守れずも「粘れたと思う」

阪神対巨人 9回表巨人1死二、三塁、陽を空振り三振に抑えるドリス(撮影・清水貴仁)

<阪神5−5巨人>◇12日◇甲子園

 阪神の守護神ラファエル・ドリス投手(29)はリードを守り切れなかった。

 1点リードの9回にマウンドへ。先頭打者を二ゴロに打ち取るも、森越が体勢を崩して出塁を許す。無死一、二塁のピンチでは橋本到に左前へポテンヒットされ、福留の悪送球で追いつかれた。不運なプレーに見舞われたが、「粘れたと思う。また明日から頑張りたい」と淡々と振り返った。